ケータイ小説 野いちご

彼女と一秒でも長く一緒にいたいから、僕は全て神様に納めました

第一章 一つ願い、一万円で





「願(ねがい)」

母親が、僕の名前を呼んで起こす。

夏休みが終わって、今日から学校がまたスタートする。昨日までぐっすり昼過ぎまで眠れていたのに、朝早くから母親の叫び声を耳にすると嫌な学校生活が始まったんだと実感する。

「声がでかいよ………」

そう思いながら、僕はもう一日休みがあったらいいなぁと思った。

僕は寝室を出て、廊下を歩いてリビングに向かった。

僕の家は一戸建てで、窓ガラスから見える人工的な小さな箱庭から手入れされてない大きく伸びた雑草が見える。その雑草から、バッタがピョンピョン元気よく跳ねている姿が見えた。

「お母さん、庭の手入れしたら。雑草、すごく伸びてるよ」

僕は、あくびまじりな声でそう言った。

「仕事も家事もやってる私に、そんな時間あるわけないでしょ。願がやりなさい」

そう言って母親は、食卓テーブルの上に朝食を置いた。

「はぁ」

僕は深いため息をついて、イスに座った。

神様にお金を納めて願いが叶うなら無限の休みと、撒いたら一生草が生えてこなくなる強い薬がほしいと思った。

< 2/ 209 >