ケータイ小説 野いちご

泣きたくても泣けない

違い


[今日は帰らないから。これで適当に食べて]

少し乱雑な、お母さんの字。
このメモと一緒においてあるのは、一万円札。

学校から帰ってきたとき、すでにお母さんはいなかった。
お母さんとはもう、1週間くらい顔を合わせてなかった。


「うー、さむ……。」


制服のまま、コンビニへ行く。
あまり高いものを買うと怒られるから……


「これでいいか。」


私はおにぎりふたつとスープを片手に持ってレジへ向かう。
なるべく千円以内に収めたかった。


『…その制服は…笹原学院?』


急に高校名を言われて、はっと顔を上げると、レジをうっていたのは藤井先輩だった。
……まあ、多分彼は私のこと知らないけど。


「藤井先輩、ですよね…?」

『あ、俺のこと知ってるの?』


有名ですから、っていう言葉を飲み込んで、もちろんです、とだけ答えた。

なんだか、有名ですからなんて失礼な気がして。



「じゃ、じゃあ、、失礼します…。」

< 1/ 2 >