ケータイ小説 野いちご

貝に住んだ猫

白い石
お引越し

さあ、それからネモは大忙し。


貝殻を掘り出すと、今度は中を綺麗に削ります。
床板を張って、窓を開け、大きな暖炉もこしらえました。


「玄関が広くていいね。部屋もたくさんあるよ」


貝殻の入り口は真新しい扉でふさぎ、そばには郵便ポストを置きました。

< 9/ 12 >