ケータイ小説 野いちご

元カレは忘れてさっさと俺にしろよ。

I. 【 別れと再会 】






「ごめんね、のり。もう別れよう。」



やっと言えた、そう思った瞬間ピンと張っていた糸がプツン、と静かに絶たれた。相手に聞こえないようにふぅ、と落ちつけるための深呼吸をした。


のりはどんな顔をしているのだろう。悲しんでいるのだろうか、もう何も思っていないのかもしれない。



「‥なんで?」



電話越しに聞こえるのりの声は少し震えていた。



「もう無理だなって思ったの。今までは好きっていうだけで付き合えてこれたけど、これからは受験もあるし付き合っていける自信がもう無いから‥。」



「そっか、ひかりが決めたことならもう何も言えない。」



「うん。ありがとう。本当に楽しかったよ。」



私はそこで電話を切った。よかった、涙はまだ出ていない。


私の恋は終わりを告げた。
クリスマスの1ヶ月前の話だった。



< 1/ 2 >