ケータイ小説 野いちご

過去と向き合うという事

全てが変わった日

‐『あたしの方が、先にりつを好きになったんだから!!』

あの日から全てが変わった……。


あたしにはずっと前、それこそ小学生になる前から好きな人がいた。

あまり喋らない人だけど、あたしが落ち込んでいると、隣に来て、ソッと頭を撫でてくれる、…そんな人だった。

ずっと一緒にいたから、彼にとってあたしはただの仲間の1人に過ぎなかったけれど、それでも幼なじみとして、一緒にいれたら幸せだった。

その幸せが、あたしだけのモノでなくなったのは、中学2年生の時。

『友梨(ゆり)ちゃん、わたしね、凛月(りつき)君が好きなの…。
友梨ちゃん、応援してくれる?』

茜里(あかり)はあたしとは正反対の可愛らしい女の子。
りつも、あたしなんかよりも、女の子らしい茜里が好みに決まってる!!
…だから、応援する事にした。

< 3/ 28 >