ケータイ小説 野いちご

過去と向き合うという事

あとがき

最後まで、『過去と向き合うまで』を読んで下さり、ありがとうございましたm(_ _)m

『幸せになる!!』の友梨(ゆり)の続編が書けてよかったです。

友梨は前作に比べると、丸くなっていますね。

本当は、粋香(すいか)たちのその後も書きたかったのですが、(前作のラストで、純生(じゅんき)が、『ぜってぇみんなで幸せになってやる!!』って言っていたので)ダラダラと長くなってしまうよりは友梨をメインでいこうと思い、今のようにしてみました。

この物語は、一部、実体験が入っています。
それがどこかを探すのも楽しいかも♪

では、皆さん、また会う日まで♪
桐谷 桜月でした。

< 28/ 28 >