ケータイ小説 野いちご

過去と向き合うという事

赤い髪の少年

「だめだめ、あんな働き方じゃあ!」

夜、叔母に働き方が良くないとダメ出しを喰らい、ご飯は抜きにされた。

1階にあるコンビニに降りて、廃棄するお弁当やおにぎり、パンを見ていると、

「それ、食べていいっすよ」

後ろから声がした。
振り向くと、コンビニのユニフォームを着て、髪の毛を赤く染めた少年が立っていた。

「ここにいるって事はコンビニで勤務してる方っすよね?」

「オーナーは叔父で、ここで働いている寺本 友梨(てらもと ゆり)です。
よろしくお願いします」

「藤川 将(ふじかわ しょう)と言います。
よろしくお願いします」

将は照れくさそうに笑った。

廃棄されるパンを食べ終わり、あたしの部屋にしていいと言われた部屋に戻ると、

「お母さんったらひどいよね!!
わたし、お母さんに内緒でお弁当を作ってきたんだ」

いとこの杏色(あい)がお弁当を作って待ってきてくれた。

「ねぇ、杏色。
コンビニで働いてる赤い髪の男の子、知ってる?」

将の話をすると、

「え、将君!?」

杏色は頬を赤く染めた。

< 11/ 28 >