ケータイ小説 野いちご

【完】あなたの言葉は私の、世界を輝かせてくれた

regret

温かいなぁ…。





懐かしい。お父さんみたいだなぁ〜。





あの日、一昨年7月23日会社に向かう途中居眠り運転していた人にひかれて帰らぬ人となってしまった…。






お父さん、もっともっと話したかったよ。







お出かけもしたかったよ。






お父さんがそうだと知ったとき、私は後悔した。






いつも、仲が良かった。けど──。





その日の前日の夜、私は喧嘩をしてしまった。





< 11/ 38 >