ケータイ小説 野いちご

女嫌いドクターとスイートな契約結婚

CHAPTER 2
スイートな生活

月曜のミーティング、磯谷課長は朝から張り切っていた。

みんなにサプライズを届けられるのが相当楽しみだったようだ。

それはもちろん、私と風間先生の結婚の話。

課長には入籍する前に報告したけど、みんなに話すのは引っ越しが終わってからにしてもらうことにしていた。

だから、早く話したくてウズウズしていたようだ。


「え?ホントですか!?」

「嘘でしょ?」

「マジで!?」

みんなの驚きの声が一気に飛び交って、さっきまで眠そうだった全員丸い目をして固まっている。

それでも磯谷課長はニコニコしながら続ける。

「まあ、呼び方は今までと一緒でいいわよね。
風間さんって呼ぶと先生とややこしくなっちゃうし。
とにかく、相沢さん本当におめでとう」

課長の拍手に合わせて、まだ事態が理解できていない様子の周りからも拍手が飛んできた。

「あ、ありがとうございます」

私は立ち上がって右へ左へと頭を下げた。




< 32/ 184 >