ケータイ小説 野いちご

甘すぎてずるいキミの溺愛。

尊くんは特別を作らない。




突然ですが、わたしなぜか図書室の掃除道具がしまってあるロッカーの中に身を潜めています。


「雪野くん……わたしじゃダメかな?」

「………」


しかもまさかのまさか
見覚えのない女の子と、見覚えのある男の子の告白シーンの真っ最中。



そもそもなんでこんなことになってしまったかといいますと。


遡ること数十分前のこと。


「あ、ちーこちゃん」

「げっ……」


教室を出ようとしていたら、戸松くんに呼び止められた。



「あからさまにそんな嫌そうな顔しないでよー」

むすっとした顔で睨んでやった。
そして地味に警戒して、一歩引いた。


「うわー、俺めっちゃ嫌われてんじゃん」


ハハッと笑いながら「ショックだなー」なんて言いながらも、全然ショック受けてるように見えないし。


< 53/ 308 >