ケータイ小説 野いちご

magicroyalty 〜volume1〜

〜1章〜


それは東の遥か遠くにある国セレーネ王国がある。




そこにいるある一族が住んでいた。





「姫様〜!!どこにおられるのですか〜!!」

と私のメイドが呼んでいる。



やばっ!!見つかっちゃう〜!逃げろ〜!




「姫様〜!姫様〜!屋敷の中におられるのでしょ〜!!」





あ!まだ自己紹介してなかったわね!





私の名前はレイリー・エミリア15歳!



歌がとっても好き!この国セレーネ王国の第3大貴族第1位の第二王女!



と曲がり角をまがった瞬間。



ドンッ




「痛っ…申し訳ございません!私の不注意で!」


誰かとぶつかってしまった。




< 1/ 19 >