ケータイ小説 野いちご

僕はただのbarのオーナーです

LAST cocktail
汐side




大切な家族。
一心に守ってくれた兄。
そんな兄の秘密を知った場所。




雫石






『半年‥‥か。』




closedの看板がかかった雫石の店。
俺と母さんが拉致られて、兄貴が撃たれて‥‥‥‥‥‥それから半年がたった。

あの日からこの店はclosedのままだ。




「あれ?汐??」


『翼さん。』



後ろからかけられた声に振り向くと、そこにいたのは買い物のあとなのか袋を手にした翼さんがいた。

翼さんはなれた動作で雫石の鍵を開けた。



「お前、まだ気にしてんの?」


『そりゃ、あんな事になったんです。
気にしない方がおかしいでしょう。』


「まあ、表の人間の感性ならそれが普通か。」




< 214/ 220 >