ケータイ小説 野いちご

僕はただのbarのオーナーです

LAST cocktail
澪side




計画なんていらない。
そんなの。
たててる時間がもったいない。

大切なもの。
大切な人。

何一つ守れなくて、この力は何の為に身につけたんだよ。


表に何度帰りたいと思っても。
その笑顔を守りたいと思えば耐えることができた。

裏にいて辛くなっても。
周りに笑顔を見せてくれる人がいたから頑張れた。





「‘気をつけるんだよ。
KINGの総人数は予測不能なんだからね?’」




インカムから聞こえてきた凜音さんの声がいつになく真剣で、僕たちを本気で心配してくれることが手に取るようにわかった。




『大丈夫ですよ。
必ず、助け出して戻りますから。』


「凜音さん、信じてくださいよ。」




舞蝶とは違う血蝶は、雫石と蒼炎の完全合同チーム。

舞蝶はその逆で互いに報酬を払いあい、手を貸し合うチーム、

血蝶は組まなければならないときにしか組まないもの。

けど、今回のは僕らの我が儘。
本来、一般人に報酬もなしで血蝶として出るなんてありえないこと。

本当、凜音さんたちは優しい。




< 197/ 220 >