ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

学年一の爽やか王子にひたすら可愛がられてます

第9章 夏休み・半ば

[side 静音]


まだ夢見心地だ。


私に友達ができて、夏休み誰かと遊ぶために予定が入るなんて。


しかも、あの柊くんとプールに行ったんだ。


「っ〜〜〜!」


声にならない叫び声をクッションで抑えながら、ソファの上で足をパタパタとさせる。


柊くんに抱きしめられたあの日。


あれから3日たったのに、まだ彼の体温とか肌の感触を鮮明に覚えている。


思い出す度に、顔が熱くなってしまう。


私…完全に柊くんのこと好きになってる。


けど、私にそんな資格ないって気持ちと、今の関係を壊したくないって気持ちが両方あって、前へ進もうなんて意識はさらさらない。


だけど…。


「会いたいな…」


昨日の夜、メッセージでやりとりしたばかりなのに。


自然と柊くんに対して欲張りになっている。



< 200/ 341 >