ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

学年一の爽やか王子にひたすら可愛がられてます

第7章 打ち上げ




「もー!めっちゃ心配したんだから!」


「あんまり無理するなよ〜」


「ごめんなさいっ!」


私が体育館に戻ったころには、全ての試合が終わっていて、優勝チームの授賞式が舞台で行われていた。


授賞式が終わって、後ろの方にいた私に気づいた鈴香ちゃんと、土田くんが声をかけてきてくれて、嬉しくなった。



「緒方大丈夫か?」


「よかったよ、無事で」


同じチームだった増田くんや小野さんが話しかけてきて、クラスの一員になれた気がして、また少し嬉しくなった。


みんなに迷惑かけたことは変わらないけど、でも、こうやって気遣われてるって気付けたのは、良かった。


「けど、本当残念だったよな〜惜しくも3位!もう少しで、焼肉だったのに」


そんな声がどこからか聞こえて、やっぱりズシンと肩が重くなる。


私が柊くんを独占しちゃってたからだよ絶対。



< 153/ 341 >