ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

学年一の爽やか王子にひたすら可愛がられてます

第6章 球技大会




「うぉー!高城すげーじゃん!日本史95点?!」


「よく頑張ったね!鈴香ちゃんっ!」



2週間後、無事に終わったテストが返却されて、私たちは鈴香ちゃんのテスト用紙を見て声をかけた。


すごく勉強を頑張っていた鈴香ちゃんは、なんと日本史で95点を取ったのだ。


他の教科も全て50点以上で、クラスのみんなもびっくりしている。


「…すごくない…100点じゃなかった!暗記ものだから絶対自信あったのにっ」


だけど…私たちの反応とは正反対の反応を見せる鈴香ちゃん。


95点ってすごいのに。


それでも鈴香ちゃんは、おじいちゃんに100点見せるんだって言い張っていたから、相当ショックだったみたい。



< 123/ 341 >