ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

最低な元カレ専務の10年愛

7.意味わかんない 2

今日は大宮支店に出張だ。

翼は応接室で支店長と向かい合い、この前のように分厚い資料を読みながら、顎に手を当てた。

「…ここもWINか。
しかも、どこの支店に行っても類似製品ばかりが売り上げを伸ばしている、と」

「本当に、ここ数か月のことなので驚いているんです。
特に小さな医院では、あまり大きい性能は必要ないという判断で、うちよりも多少性能の劣る安価なWIN製品に流れて行ってしまうんです」

「そこを中心に回っているということか…」

頭を抱えてため息を吐く翼を見ながら、私も不安が募っていく。

最近、どこへ行ってもWINの話ばかりだ。

全国に支店があるんだから、関東だけの話じゃないのは目に見えている。

「紗知、全国の支社からのデータの統計って、持って来てるんだっけ」

「はい。ファイルの一番奥に」

「地区別のやつももらえるか確認して」

「はい」


< 78/ 164 >