ケータイ小説 野いちご

Kiss MARC

タイトル未編集
はじめに


「フリー9名様ご来店です!!
いらっしゃいませー!」


店長の声が店に響く


「うわー人数多くない??
行きたくねーー!!」

あたしの大親友 サラ。
地元は違うけど、高校からずーっと一緒。



ボーイが待機所まで女の子を呼びに来る。



「あーだりー!!サラ、終わったらメシいこ!今日も稼ぐかー!!」



やっとの思いで高校出て、
結局キャバクラ。

でもこの仕事嫌いじゃない
人と話すのも嫌いじゃない

髪整えて、メイクして
可愛い可愛いって言われるのは好き






< 1/ 3 >