ケータイ小説 野いちご

家政婦になりました。1

第二章
初仕事!


ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ


カチッ


セットしていたアラームを止める。


私の朝は早い。


まず四時半に起床。最初は眠くて仕方がなかったけど今ではもう慣れた。


下に降りて顔を洗って目を覚ます。


歯を磨いて、身支度も整える。


そして朝ごはんの準備。


男が3人も居るからよく食べる食べる。


お母さんの分を先に作っておく。


それから弟達の分を作って.....よし、完成。



< 61/ 542 >