ケータイ小説 野いちご

家政婦になりました。1

第一章
迷子の男の子


春先の冷たい風邪が私の体に突き刺さる。

もう日も暮れて辺りは暗くなり始めている。


中学を卒業して数週間たつ。後少しで高校の入学式がある。

私の名前は楠 朱音 (くすのき あかね)

明日で高校1年生になる。


『そろそろ帰るか...』

まだ寒さの残るこんな夕方に私は街に来ていた。



< 1/ 542 >