ケータイ小説 野いちご

葵くん、そんなにドキドキさせないで。

□葵くんに独占欲はありますか。






昼休み、こっそり屋上で葵くんと一緒に過ごすことにも慣れてきた今日この頃。




「葵くん、良かったらこれ食べてください」




いつもお昼ごはんを食べない葵くんに、お弁当を作ってみました。



私の横で寝転んでいる葵くんのポカンとした顔

ゴクリと唾を飲み込む私





「…何これ」


「な、中身はサンドイッチです。葵くん少食っぽいから…」





だって、男の子だよ?育ち盛りだよ?

お昼ご飯食べなかったら身がもたないよっ


…って、ずっと思っていまして…


ついに、勇気振り絞って作ってみました。





「あああ、あの!いらなかったら食べなくてもいいからっ」


「はぁ?なんで?」


「えっ」



< 113/ 351 >