ケータイ小説 野いちご

吉崎くんの彼女

ドキドキハラハラお勉強会

今日は吉崎くんの家でお勉強する日。

こんな服で良かったのかな
どおしよ入れない インターホンの前で戸惑う私。

「ガチャっ」

「なにしてんの?入れば?」

「え!あ!お邪魔します。」

「どーぞ 俺の部屋階段上がって右ね」

すっごく家が豪華で綺麗で絵がたくさん

「きれ〜〜〜〜い」

「ねえ南 オレンジでいい?」

「ありがとう!!」

なんか優しいんだなあ。って

< 39/ 76 >