ケータイ小説 野いちご

10月31日

ハロウィン


「トリック オア トリート!!お菓子ちょうだーい!!」


今日は10月31日、ハロウィンの日。

お菓子大好きな私にとってすごく楽しみだった日なのだ。


「アキちゃん、アキちゃん、トリック オア トリート!!」

私の大好きな彼氏、アキちゃんにさっそくお菓子を貰おうとしていた。



「はいはいどうぞ。ふくちゃん」


「わーい!ありがとー!」

アキちゃんは私の好きなお菓子をわかっている。

毎年好きなお菓子の袋詰めを用意している。


「授業始まるから、お菓子しまって!」

「はーい!」


先生にばれたらうるさいからな。

私は先生が来る前に急いで鞄にしまった。



休み時間にアキちゃんと半分子して食べようかな。

私はうきうきしていた。


< 1/ 5 >