ケータイ小説 野いちご

【完】俺が幸せにしてやるよ

訪問者





お昼前。




みんな春休みということで家は騒がしい。みんな施設で遊んでるからね。




お客さんが来ることは、中学生以上の人しか知らない。




だから話を聞いた中学生以上の子達は心なしか悲しそうな表情をしている。




私もそうだけど⋯⋯。





ガラララ



引き取る人がきた。




今回はだれが引き取られるんだろう⋯⋯。



ダメだ。嬉しいことなのに、悲しくなっちゃう。



今日来た1組目は、中真さん。



「本日はありがとうございます。この子達が施設の子です。気になる子はいますか?」




波瑠さんが対応している。



中真さんは雰囲気がちょっとキツめかな。




仕事がいかにも大事って感じの雰囲気だけど⋯⋯。スーツだし。もちろんそれだけで判断したらいけないけれど。




でもここに来たってことは子供が好きなんだよね?




< 17/ 273 >