ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

この幼なじみ要注意。

幼なじみが本気を出すとき。




無言のまま連れてこられたのは、使われていない空き教室。


入った途端ドンッと、荒く壁に身体を押し付けられた。


「ちょっ、ちひろ……痛い」


抵抗しようとしても、それをさせないように、手首をグッと掴まれる。


正面にある知紘の顔は、さっき青井くんに向けていたような鋭い目つき。



そんな顔…普段しないくせに……。


こんな状況なのに、普段見ない知紘の表情にドキッとしてるわたしはどうかしてる。


すると、スッと首筋に知紘の手が伸びてきて



「隠すなって言ったよね」


さっきはりつけた絆創膏をペリッとはがし取った。


「だ、だって知紘がこんなのつけるから…」


「なんのために、ここにつけたと思ってんの?」


そんなのわたしが知るわけない。


< 101/ 317 >