ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

馬鹿か、阿保か、屑なのか。

#3時ですよ。1st→ミルクティー的な。




#ミルクティー的な。



♥︎break time♥︎




@ 1st time


→美少女ペアのその後











「冨永さん!」




小柄で可愛い彼女を追いかけた私は

意外に早い逃げ足に驚きつつ


やっとの思いで追いついた




「はぁ、はぁ、冨永さん…脚、速すぎ!」




そう言って腕を掴んだけど返答なし



あれ?



そう思って顔を覗き込むと




「っ…!」




大きな目から雫を溢れさせて



泣いていた



「クズッ…ズズッ…ズズッ」




鼻水をすする音かやけに響く




あぁ、今授業中か




< 23/ 47 >