ケータイ小説 野いちご

夢は叶うんだ

自分を信じろよ

また早くに目が覚めちまってすることもない

から屋上でのんびりしようとしたらあいつが

歌ってた。俺は気付かれないように静かにド

アを開けてドアに寄りかかるようにして最後

まで聴いていた

やっぱ俺こいつの歌声すきだなって改めて思

った

歌い終わったときにあいつは俺に気付いて目

を見開いていた

そりゃそうか、いつ来たんだって思ってるだ

ろうな笑

俺はあいつに思ってることを書いてある紙を

渡した

すると今にも涙が出そうだったから焦ったけ



返事を書いてくれて正直嬉しかった!!

俺はまた別の紙にこう書いた

「お前の夢って歌手とか何かか?」

「そうだよ!わたしの歌声で1人でも多くの人

に届けられるようにって思ってるの。」

「そうか、俺はお前の夢が叶うと思ってる。

言っていいのかわかんねぇけど例えお前の

耳が聴こえなかったとしてもお前の歌声を

聴いた人の心に響くと思ってる。いきなり

何言ってんだって思われるかもしんねぇけ

ど俺はお前に夢を諦めて欲しくないんだ」

ちょっと長くなったけど本音だから全部受け

取って欲しかった。

あいつの歌声は絶対に多くの人の心に響くん

だよ…!


< 8/ 11 >