ケータイ小説 野いちご

夢は叶うんだ

良い人なのかも

しばらく歌ってないから屋上に行きたくて仕

方ない…!!もう無理、今日は屋上に行く。

曇り空で何か不吉な予感がするけど歌えるな

らただそれだけでいいの。

屋上に着いてからは周りをちゃんと確認して

誰も居ないと分かるとホットする

深呼吸を繰り返してわたしは歌を歌った

歌い終わると体がスッキリするんだ♪

また誰もいないに歌いに来よう。

そう思って屋上を出ようとしたらドアに寄り

かかっている神崎くんがいた

いつの間に来たんだろ?また聴かれちゃった

りして…

1人で考え込んでいると神崎くんはわたしに

1枚の紙を渡した。

「俺、お前の歌声けっこうすきだぜ。人がい

たら歌いずらいかもしれねぇけど初めてお

前の歌声聴いた時にまた聴きたいって思っ

たんだ」

わたしは涙が出そうになるのを堪えて神崎く

んがくれた紙の裏に文字を書いて渡した。

「ありがとう!歌声をすきって言われたの初

めてで泣きそうになっちゃった…。神崎く

んが良かったらまたわたしの歌声聴いてく

れる?」

すると神崎くんは笑顔で頷いてくれた

わたしは案外神崎くんって良い人なんだなっ

て初めて思った

< 7/ 11 >