ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

想い出は泡となる

1

.




「お前本当に可愛くねえな!」


「…………」


「何だよなんか言えよ!」



海樹(みつき)を始め皆が敵になってしまった。


何でこうなるの?って、考える前にすぐに答えは出ている。


私が可愛くないからいけないんだ。



でも、それでも



「おい、そんな顔でよく外歩けるよな?」



海樹が好きなんだ。


おかしいよね。


敵のはずなのに好きとか。


相手は私のことをこんなにも嫌っているのに。



「うるさい……っ」


「事実だろ?」



もう何言っても聞かない。


全部流すしかない。



そして、海樹に後悔させるぐらい可愛くなってやる。


絶対に、なるんだから。




.

< 2/ 2 >