ケータイ小説 野いちご

☆真実の“愛”―ただ、愛してる―3

誘拐
不可触の女神

□沙耶side■



『私は一人で大丈夫』


それは、魔法の言葉だった。


自分を勇気づける言葉、


他人を遠ざける言葉、


そして、自分を自分に認めさせる言葉だった。


朝陽を喪ってから、


『私は大丈夫だよ』ということが多くなった生活。


本当は大丈夫じゃなくても、『大丈夫』……そう、自分に言い聞かせることで、私は自分を保ててたんだ。


なのに、今は、相馬が傍にいないだけで淋しさが胸を焼く。


自分から出てきたくせに、会いたくて、抱き締めてほしくて。


相馬に変えられた私は、一人が苦しくて。


誰かに縋りつきたいとき、柚香が私の代わりに拐われた。


悲しいとか、寂しいとかの感情で焼かれていた胸は、怒りに蹂躙され、手紙の犯人すらも、消したくなった。


(許さない)


ただ、それだけだった。


私を傷つけるものはいい。


でも、私の大切なものを傷つけるのは、許さないと。


そう、思ってた。


自分なんて、その思いが心を支配する。


どれだけ、自分が相馬に愛されているかなんて、この時の私は忘れかけていた。


< 72/ 493 >