ケータイ小説 野いちご

☆真実の“愛”―ただ、愛してる―3

悩み
複雑な気持ち

□相馬side■




「……はぁ」


会社の社長室。


その中で、相馬はひとりでに息をつく。


何度目かわからない、溜め息を。


「……ねぇ、いい加減にしてよ。そろそろ、イライラしてくるんだけど?」


それをずっと聞いていた甲斐は不機嫌に、俺を睨み付けてくる。


「大体、沙耶が家出って……何したんだよ?」


「……それが、わからねぇ」


「はぁ?」


本当に、わからない。


何が、あいつの勘に障ったと言うのだろうか。



< 23/ 493 >