ケータイ小説 野いちご

【短編】6.3%

塩分

もともと、こいつとはアホみたいに気が合っていた。好きなバンドとか、好きな動物がナマケモノなところとか、ラーメンは、味噌派なところとか。

アホみたいに気が合って、アホみたいな話をして、アホだなあって笑い合える私たちだった。

だから、というべきか。息ぴったりのタイミングで、失恋までしてしまった。

こんなの、笑うしかないじゃないか。




「……泣くなよ、お前、うつるから」


「泣いてなんかないし、知らんふりしてよ」


「そんな震えた声で言われて、無視なんてできるかよ」


「じゃあ聞かないでよ」


「無理だろそんなの。自分の声、聞いてるようなもんなのに」




同じ傷を負った。同じだけスープを濃くして、同じ量の塩を傷口に塗った。


私の感情を世界で一番知っているのはこいつだし、私もこいつの今の気持ちだけは、嫌ってほど理解できてしまう。

他人事じゃないから。自分のことと、同義だから。




「……ほんとお前、ぶっさいくだなあ」

< 4/ 5 >