ケータイ小説 野いちご

感謝6千PV越え-【茶(桃)・超短編】美人おんな獣医師のある昼下り

あとがき

2017.09.04.UP
あひるのしっぽ著作
亡き父の戸籍上の誕生日。

CLAMPとの慰謝料出版検討中(芦原モカ先生のイラストで、CLAMPとアンソロジー本にする?悩んでます)

学園エアラブがしめ切った「夏休み」に触発されて、何か書きたくなって、虐めに備える意味も兼ね、私には一生無関係の「蜜」と、いうお題にトライしました。

結果は、ゆるゆるストライク。ともかく書き終えれたので、さっき、いきなりビッコな感じの、忠犬のリーダーの足を心配します。

2017.09.05.
忠犬は平凡な膝蓋骨脱臼(内方脱臼)で。鎮痛剤うって、明日から二週間投薬で、四週間以上痛みが続く様なら手術に特化した、性能の良い大阪の動物病院で手術(ここ十年はそんな例なしらしい)と獣医に聞きました。

この話のおかげで、※ラえもんの虐めが終わりました!

あとがきだけ何か更新するかもしれません。


この物語はノンフィクションを元にしたフィクションです。

< 25/ 26 >