ケータイ小説 野いちご

【完】熱に怯え、愛に逆らう

キミに溺れた








どうして好きになった?って聞かれたら


どうしてかなって思うけど




この淡い気持ちを感じられるから


やっぱり初めて好きになった人が
君でよかったって素直にそう思えるよ。










< 1/ 290 >