ケータイ小説 野いちご

【短】キミに好きになってもらう10の方法

10の方法
7つめ。








「暑い」



こんな猛暑に外で体育なんて最悪。


暑くて久々のポニーテールをする。



あ、少し楽になった。





「百香って、色白いね」


「え!?」


「うなじも綺麗だし。うらやましい」





え!? なにそれ!



初めて言われた!




「百香って、やっぱ女の子だなって雰囲気あるよね」


「うれしすぎる、褒めてもなにもあげないけど!」






女の子らしいって、最上級の褒め言葉じゃない?


そのとき、教室の窓から外を見てる光希くんを見つけた。





「あ、光希くん!」



思わず手を振ると、光希くん以外の人もこっちを向いたし、光希くんは素で驚いた。




やばい、恥ずかしい。




顔を押さえるけど隙間からしっかり光希くんを確認。



光希くんは私に「ばか」と口パクで伝えると、窓から目を背けた。



バカって言われたけどなんか嬉しい。




とりあえず、今回は一般論として



キミに好きになってもらう方法【その7】は、



女の子らしさがあることだと予想する。










< 7/ 10 >