ケータイ小説 野いちご

ウェディングドレス

再開

仕事仲間と飲んでいる時、彼にあいたい気持ちを打ち明ける周りの仲間が我慢しないで電話する事を進める。酔った勢いも手伝ったのか電話をかけてみた。どんな感じで彼は出るのだろうか…。 不安と会いたい気持ちでドキドキが聞こえそうだった。 受話器の向こうから聞き覚えのある優しい声…彼だった。 ゆかりは自分の気持ちを正直に打ち明ける。受話器の向こうで彼が黙ってうなずいていた。会いたい

< 6/ 39 >