ケータイ小説 野いちご

ウェディングドレス

未練と達也への新しい気持ち

数日が過ぎて、達也と待ち合わせの日。オフホワイトのセダンに乗って達也がゆかりのまつ場所にやってきた。 いろんな話しをしているようで、別れた彼への未練だった。達也に悪かったけどどうしようもなかった。その日は食事して別れた。 それから、達也から毎日、電話が入るようになる。

< 16/ 39 >