ケータイ小説 野いちご

キミが私を嫌いなワケ

第1章 正反対なキミと先輩
♯1 恋心と苦手意識

♯1


キーンコーンカーンコーン――……。



「起立、礼っ」



一斉に教室が騒がしくなる。



やっと午前中の授業が終わった~!


…ああ、お腹すいたなぁ。


私、椎名陽和(しいなひより)は、机に突っ伏していた。



「ひよ~!お弁当食べよう」



空腹に耐えきれない私に声をかけてきたのは、私のいちばんの親友。
深田咲菜(ふかださな)ちゃんだ。



「うん、食べよう…!」



「それにしても、ひよ…。あんた、授業中お腹鳴りすぎ」



う、うそでしょ…!

咲菜ちゃんと私の席、ものすごく遠いのに…!


そんなに大きい音で鳴ってたの!?



「ど、どうしよう、恥ずかしいよ!」



「教室中に響き渡ってたもんね」



「わわ、本格的に消えたい……」



「ま、嘘だけど」



ニヤッと笑みを口の端に浮かべる咲菜ちゃん。


な、な……。


< 1/ 328 >