ケータイ小説 野いちご

恋の課題

仲直りNEXT嫉妬




いやぁ、あれは本当にまいった。



…かわいかった。…マジで。ガチで。



コンビニに行く途中、昔よく遊んでた公園の前にさしかかり、足を止めた。



…懐かしい。



…あの日。雨が降っていた日。

世界が涙色に染まった場所。




今までのこの記憶が、本当に自分のものなのか。

誰かの辛い思い出が、自分の中に取り込まれているんじゃないかと思うほどに、ハッキリと覚えてる。



「…コンビニ行こ。」



一人で呟き、歩きだそうとした瞬間、



「雫?」



誰かに声をかけられた。



「……颯太。」


「かいもの?」


「うん。」





< 137/ 149 >