ケータイ小説 野いちご

恋の課題

どちら様?




水野くんの話を聞いてから、結構時間が経った。


そろそろ勉強開始と行きますか。
いつまでもこの状態ってわけにも行かないし。



私は水野くんから離れ、再び机越しの向かい合わせになった。



「水野くん、そろそろ勉強始めよう?」


「……。」


「み、水野くん?」



水野くんは座ったまま、じっと私の方を見ている。



「やめちゃうの…?」


「へ?」


「頭…なでなでするの。」


「!?!?」



いや、あなたどちら様?


わたしこんなに可愛い男の子家にいれたつもりないんだけど。



やばい。このままだと心臓が破裂する。



とりあえずわたしはこのドキドキを抑えるため、近所のコンビニにお菓子でも買いに行こうと立ち上がった。




< 133/ 149 >