ケータイ小説 野いちご

Happy Birthday~大切な人に贈る言葉~

2話 最高の誕生日プレゼント~大切な仲間へ~



カキーン!


グラウンドに響く快音。


そして、空に広がる夏空。


今年も熱い夏がやってくる。


夏が来るということ‥それは、俺にとって高校最後の夏がやって来るということだ。



ここは、成蘭(せいらん)高校野球部のグラウンド。


公立の学校で、部員は30人。毎年2、3回戦で負けてしまういわゆる弱小校だ。



だけど、今年の夏は違う。


なんといってもうちのチームには頼れる主将がいるからだ。



「おい!!!それぐらいのノックとれなくてどうするんだよ!!!気合い入ってないんじゃないのか!!」



そう、今日もグラウンドに響く彼のどなり声。


監督がいないときは監督にかわってノックをする。もちろん監督の許可を得てだ。



俺的には彼のノックは監督にも劣らないと思う。


ノックだけじゃない、彼はピッチングも上手い。


「次、絢人(あやと)いくぞ!」


「おお!来い!」



俺の名前があいつに呼ばれる。



一成(いっせい)は本当にすごい奴だって俺は思うよ。







俺、関口絢人と主将の野上一成は中学からのチームメイトだ。



プライベートでも一緒に遊びに行く仲だ。




でも‥最近はなかなか話せない。



何しろ、一成がピリピリしてるから。主将という責任を感じてるからかもしれない。







「本当、キャプテンだからて偉そうだよなー。」


部活終わり、部室で制服に着替えてるとチームメイトが言った。


「監督いないから、しきってんじゃねえよて感じ。」


そう誰かが言うと、みんなが少し慌てる。


「おい、やめとけて。一成に聞こえたらどうするんだよ。」



「大丈夫だって。この時間、あいつまだグラウンド整備してるだろうからさ。ったく、俺らがやった整備に文句あるのかね。」



そう。いつも練習終わりに一成はグラウンドを丁寧に整備する。


それは中学の時から変わらない。


変わったのは一成だ。



野球をすることが俺にはつらそうに見える。中学の時は楽しそうにやってたのに‥。



俺は仲間が言う一成の悪口を聞きたくなくて、ささっと着替えて部室を後にした。







< 20/ 43 >