ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が見せてくれた、私の世界

帰国
サクラヒラリ

「髪に桜がついてるよ。」


「あ、ほんとだ…。」



小さい頃から伸ばしてる髪は、私の唯一の自慢の黒髪で。


そこに淡いピンクの花びらが綺麗に映えていた。



「ふふっ。」


「なぁに?パパ。」



私を見てパパは口元を緩めていた。


少し茶色みがかったパパの髪にだって、桜の花びらはついてるのに。


身長が高いパパには私の腕なんて絶対に届かないから取れないんだけど…。



「一見見間違えたら、そよは桜のお姫様みたいだね。」


「えっ?」



桜のお姫様…?



「その顔だと覚えてないんだね。」


「え、なぁに?」


「ふふっ…。」


「ちょっとパパ、笑ってないで教えてよ…!」



私がどんなに言っても、パパは笑ってるばっかりで。


もう…と拗ねた素振りを見せると、やっとパパは笑うのをやめた。




< 6/ 312 >