ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が見せてくれた、私の世界

ゴールデンウィーク
水族館

それから、毎日。


夕食の時間にママを説得し続けた結果…。


お出かけの許可がもらえました!


みんなで行くことになった、水族館が楽しみで毎日わくわくしてた。


そして、今日。


これから紗綾ちゃんと縁寿ちゃんと、3人で水族館に行きます!



「いいこと?
少しでも体調に異常を感じたらすぐにお友達に言うのよ?」


「うん。」


「それかママに電話をかけること。
お薬は持った?」


「持ったよ、大丈夫。」


「なら大丈夫かしらね…。」


「うん、平気だよ。」



ママに編み込んでもらってまとめてもらった髪にレースの淡いピンクのリボンを通す。


お気に入りの花柄のワンピースに白いカーディガンを羽織って、ブラウスの白いリボンを結ぶ。


いつもの白いレースの膝掛けをかけて、お財布や携帯を入れたバッグを車椅子のポケットにいれて準備完了。







< 42/ 312 >