ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が見せてくれた、私の世界

ゴールデンウィーク
昼休み

学校に通うようになって、早くも半月が過ぎようとしていた。


それそろGWも来るから、クラスのいたるところで遊ぶ約束が聞こえてくる。



「想世架〜。お腹すいたね〜。」


「縁寿ちゃん!」



お弁当は、縁寿ちゃんと2人で食べるのがなんとなく日課となってきた。


2人で席をくっつけてお弁当を広げる。



「わぁ、想世架のお弁当今日も美味しそう!
想世架のお母さんお料理上手なの?」


「うん。
お料理教室通ってるから…。」


「へぇー!すごい!」



毎朝早起きして作ってくれるお弁当。


色とりどりで毎日食べるのが楽しみ。



「縁寿ちゃんも食べる?」


「いいの…?」


「もちろん!」


「ありがとう!じゃあ、いただきまーす!」



縁寿ちゃんが食べたのは、卵焼き。


美味しい…かな?


口に合うといいんだけど……。





< 32/ 312 >