ケータイ小説 野いちご

桐谷高校殺人投票

5分前

投票が迫る5分前になると、廊下はすっかり綺麗になっていた。


汚れた雑巾とモップは教室の後ろにまとめて置かれていた。


みんなの机の上には次の投票用紙も配られていた。


『誰が殺される?』


そう書かれた投票用紙をジッと見つめる。


考えなくても、書く名前はすでに決まっていた。


きっと、クラス全員悠の事を許せない気持ちでいるはずだった。


悠がいなくなれば梨央を救うことができる。


そう思うと、自然とペンは進んでいた。


そして、3分前。


先に書き終えたあたしは投票箱に用紙を入れたところだった。


廊下から足音が聞こえてきて、みんなの視線がそちらへ向いた。

< 41/ 212 >