ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

なまえをよんで

妻の家出

「私は『お母さん』って名前じゃない。」

ソファに座った彼女がまっすぐに俺を見上げる。

「そんなのわかってるよ。
なんだよ、今さら‥。」

俺はため息をつきながら彼女を見下ろした。

「私はあなたのお母さんじゃない。
あなたは何もわかってない。」

滅多に泣かない彼女が珍しく目を潤ませている。

大きな瞳からは今にも涙が零れ落ちそうだ。

めんどくさいな‥。

正直、そう思った。

「だからさ。今日は俺が悪かったって。
明日は必ず早く帰って来るから、最初からやり直そう。
とりあえず風呂入らせて。
風呂出たら、君の気が済むまで謝るからさ。」

俺はそう言ってリビングからバスルームへ向かう。

途中、ダイニングの方へチラッと目をやると、テーブルの上には所狭しと料理が並べられていた。

さすがに少し胸が痛む。

風呂から上がったら、少しでも食べてやろう。

ワインの一杯も付き合ってやろうか。

そうしたら、少しは機嫌が直るだろうか。

そんな風に軽く考えながら、俺は風呂に入った。

そして風呂から上がった時、リビングに彼女の姿はなかった。

へそ曲げて寝ちゃったか‥?

めんどくさいな‥。

寝室に行ってみたが、彼女はいない。

他の部屋も探したがいない。

どうやら彼女は家から出て行ったらしい。

こんな夜中に‥?

彼女の携帯に電話してみたが、一向に出ない。

『どこにいる?』

とLINEしてみたが、1時間経っても既読にさえならない。

ーもう勝手にしろー

そんな気持ちで、俺はベッドに横になった。

< 1/ 21 >