ケータイ小説 野いちご

全ての記憶を《写真》に込めて

第一章
















カメラはその時の時間を止めて、まるごと写すことが出来る。
それは、私にとってすごく大切なことだった_______________。















< 1/ 255 >