ケータイ小説 野いちご

あの日の約束を、君ともう一度

2Q【バスケと男の子】
4【皐月side】





────────────

──────

───







好きだった。





バスケをしている時の兄貴が。





そんな兄貴に憧れて、小4で始めたバスケ。





兄貴は俺に、毎日教えてくれた。





でも、兄貴は中学2年になった頃から、自分の練習に専念し始めた。





兄貴は、バスケの才能があった。





周りの大人は、兄貴のことを「金の卵だ」と言った。





そんな兄貴と俺は、いつしか比べられるようになった。






< 31/ 166 >