ケータイ小説 野いちご

瀬名くんは恋をする。

気づく恋、動き出した恋。





今朝は、頭が軽いなぁって思いながら家を出た。

久しぶりに、しっかりと髪も解いた。

それに、マスクもしていない。


こんな全部を晒すことなんて中学のとき以来かもしれない。


< 10/ 14 >