ケータイ小説 野いちご

promise

壊れていく想い


今日で優羽との恋人ごっこも終わり。



どうせなら後一日長かったらイブまで一緒に過ごせたのに……。



なんて思ってるのはわたしだけ?



優羽はそろそろ飽きてきてるのかもしれない。



だから最後のデートだって言うのに今日は、気合い入れてお洒落したわたしを無視して近所のスーパーで買い物なんかしてるんだ……。





「ジャガイモと人参と……」


「…………」



わたしの持ってる買い物カゴに、優羽は楽しげな笑みを浮かべて品物を入れていく。



それを無言無表情で見つめるわたしに構わず、優羽は上機嫌でこちらに振り返った。



「光来、鶏肉と牛肉どったがいい?」


「……優羽」


「鶏肉安いな。鶏でいいでしょ?」


「優羽ってば!」



わたしの呼びかけに一切反応しようとせず、優羽は相変わらずカゴの中身を増やしていく。



それに比例して、理由も言わずスーパーに連れてこられたわたしのイライラも増していく。





< 31/ 107 >